オフィスデザイン、事務所移転、内装工事レイアウト設計のフロンティアコンサルティングベトナム

2020.12.04

フーコックへ社員旅行に行ってきました!

先日、社員旅行に行ってきました。本当は9月に予定をしていたのですが、コロナの影響もあり、11月5日〜7日にスライド開催いたしました。

今年はフーコックに行きました。

普段会う機会がないFCV ハノイメンバーとの会話や観光を楽しみ、充実した時間を過ごしました。

初日

朝から皆のテンションも上がり、昼には滞在先のホテルに到着しました。

リゾートから見える青い海はとても綺麗でした

昼食後、少し休んだ後、午後3時半からチームビルディングを開始!

運動会のように皆で和気あいあい、ビーチでチームに別れてゲームを楽しみます。

普段会えない支店の異なるスタッフの仲も、こうしたイベントを通じて一気に親密さが増してきます。

 

チームビルディング

チームビルディングでは、オレンジ、グリーン、ピンクの3チームに分かれました。

 

チーム競争の本番の前に、ダンスでウォーミングアップ!

様々なゲームの中でも「アメ食い競争」は体力がきついゲームでした。

(アメ食い競争)

大量の小麦粉が入った器の中でプレイヤーは顔を真っ白にしながら手を使わずに鼻先で飴玉を探すルール。見ているだけで楽しかったです。

しかし、女性スタッフはためらい、参加したのは、ほとんどが男性でした。

 

次は女性スタッフメインの「ボール運びゲーム」です。

二人一組で、お互いの頬や頭で小さなボールを押さえながら落とさないように走ります。

(ゴールにいる仲間が受け取ったボールの数を競います)

こちらは「目隠しボール探しゲーム」です。目隠しされたプレーヤー達が、ボールを探している間、人やヤシの木に何回もぶつかって、皆 爆笑。

チームビルディングを通じて、FCVのメンバー間の絆はさらに深まりました。

 

その後、海水浴や休憩など、思い思いのフリータイム。

 

夜の活動

午後7時からは、皆さんお楽しみのガラ・ディナー。

ガラ・ディナーでは、ハノイとホーチミンチームが準備していたパフォーマンスを披露し合い、審査員が各パフォーマンスを細かく採点。とても面白かったです。

(MCが審査員の紹介やプログラムを案内しています)

(優勝したのは、完成度が最も高かったハノイのAdminチームの‘ノンラー踊り)

 

(ハノイのSVチームのカラオケ・デュエット。夜の雰囲気が盛り上がります)

(ホーチミンの工事監督チームのコミカルなダンスパフォーマンスは会場を笑いの渦に包みました)

各チームの出し物はどれも甲乙つけ難く、審査員も悩ましそうでした。

 

子供向けのイベントも

スタッフの子供達への特別ギフトも用意しました。これはプレゼントタイムです。

FCVは社員の楽しみだけでなく、社員の家族にも配慮します。

(子供達も喜んでくれたみたいです)

子供向けには「借り物競争」がありました。

10名の子供が、MCが発表するモノの名前を、ステージを降りて探します。一番遅かった人はOUTとなります。最後に残った人の勝ちです。

ゲームを楽しくするため、MCは簡単に見つける物を言いませんでしたね。

最後のゲームは家族参加者向けの「パパの力くらべ」ゲーム。

パパが、ママと子供の家族全員を抱っこすることができれば勝ち。

Gala Dinnerで、普段あまり話す機会のないハノイの社員とも交流でき、団結が強まったように感じます。

 

初日は非常に濃い内容の一日でした。

 

2日目:フリープラン

この日は自由行動の日。思い思いに過ごします。

例えは、動物が好きな人たちはVinpearl Safariに行きました。

(Vinpearl Safariチェックイン姿)

「釣りプラン」もその日の過ごし方として人気がありました。

フーコックは、ベトナムで最も美しいサンセットが見れると言われてます。

ですので、夕暮れ時、多くの人がホテル近くの高台にある「chuon chuon bistoro & bar」へ行きました。急な坂道を登るのは少し大変でしたが、お店のテラスからの眺めが最高でした。

美しいサンセットだけでなく、フーコックの街並みと海も一望できました。

ナイトマーケットでフーコックを味わう

食事を楽しんだ後、みんなでナイトマーケットへ。

アイスクリームやシーフードを食べたり、ショッピングを楽しんだりしました。

3日目

いよいよ最終日。

朝は思い思いに自由時間。昼ごはん後に空港へ。

チェックインしてから飛行機の搭乗時間まで、ホーチミン支店のスタッフはフロアに車座になり「人狼ゲーム」をして楽しみました。

こうして最後の最後まで目一杯楽しむことができました。

2020年の社員旅行も思い出に残るとても良い旅になりました。

to-top