オフィスデザイン、事務所移転、
内装工事 レイアウト設計の
フロンティアコンサルティングベトナム

・HANOI Headquarters

TEL: (+84)(0)2437956306

・HO CHI MINH Branch

TEL: (+84)(0)2835268025

オフィス移転に関わる業務をワンストップで。
企業文化をオフィスを通じて創造します。



引っ越し

工事だけではなく、備品や家具の移動も
一括して請負います。

オフィス移転コンサルティング

デザインと工事について幅広い知識を持った者が
対応いたします。全体を見渡したプロジェクト管理を可能にします。

原状回復工事

退去予定のビルとの面倒な交渉もFCVが行います。

オフィス仲介

見栄えだけに捕らわれない、企業文化を反映した
機能的なデザインを提案します。
独自の観点から、最もご希望にあった物件をご提案。

ITネットワーク環境構築

社内サーバーの設置から、ファイアウォールといったPCの
細かい設定まで 行うことが出来ます。

オフィスデザイン

見栄えだけに捕らわれない、企業文化を反映した
機能的なデザインを提案します。

オフィス家具販売

一般販売されている家具から、特注家具まですべてを
予算に合った範囲内でご提供

内装工事

自社で現場監督を抱え、我々FCVの基準に見合った工事管理を行います。
多重下請け構造を排除し、コストカットをいたします。



ベトナムにおける、オフィス移転・事務所移転でお困りの際は、フロンティアコンサルティング ベトナムにお問い合わせください。

オフィスに関する事なら、どんな些細なことでも対応いたします。オフィスの仲介、概算予算の相談、デザイン・レイアウトプランの作成、 移転に関わるスケジュールの問い合わせ、家具手配、引越し手配・・・オフィスに関わることなら、すべての業務を網羅していますので、ベストなサービスをご提供いたします。

お客様の表面上のニーズだけではなく、その背景まで理解した上で、「人材採用に強い、人材の定着率が高い」オフィスや「活発なコミュニーケーション」が生まれるオフィス、「業務効率の高まる」オフィス等を提案いたします。ただの格好良いオフィスだけではなく、経営課題さらに掘り下げる事によりオフィスのバリューを最大化します。

オフィス・事務所移転において陥りがちなのが、ただの「引っ越し」や「オフィスデザイン変更」で終わってしまい、オフィス移転を経営課題解決の手段として機能させられないことです。

オフィス移転時によく陥ってしまうのが、今この瞬間だけを見た「引越し」や「オフィスのリニューアル」です。一般的にオフィスは3〜5年間程使われる場所になります。中長期的な計画を踏まえた上でオフィス移転の業者選定を行う事で、経営課題を解決出来るオフィスが作れます。 

オフィスは企業に取っての哲学や印象を反映した「鏡」になります。その為、深い課題を探ることにより、移転に掛かる費用をコストではなく、投資に変えて行くことが出来ます。

我々はオフィス移転をただの移転として考えているのではなく、企業のアイデンティティを反映することでブランディングを強くするツール、新規の採用の手助けになるツール、社内の人間がロイヤリティを持って長く働き続ける仕組み作りの一環だと思っております。

顧客の経営課題の答え探しに尽力出来るオフィスを専門知識を持ったスタッフが責任を持って全力でサポートいたします。

オフィス移転ベトナムでのオフィス移転をワンストップでおまかせ

移転が楽になる秘密とは・・・


オフィス移転で良く聞くのが「やることが多すぎて本業に集中出来ない・・」という言葉です。

その理由は主に3つあります。「ベトナム人との言葉や文化が共有出来ていない為に生じるコミュニーケーションロス」

「複数の会社に頼むことによる確認事項の増大」、「責任範囲が明確になっていない為に生じる業者間取りまとめの時間的コスト」 。


これらは複数の会社に分離発注すること、そして日本の企業文化を理解していない為に起こる問題です。

この問題を解決するための最短ルートは1社ですべてを完結できる「総合力」のある会社、

且つ日本の企業文化を理解した人間が工事担当者になっている会社に依頼を掛けるべきだと思います。


フロンティアコンサルティング ベトナムではデザインから工事の納めまでを、すべて自社の総合力によってカバーし

無駄なあらゆるコストをカットいたします。それにより金額だけで終わらない更なる価値を生み出します。

Service/サービス

オフィス・事務所の設計・デザイン、内装工事の実施から什器手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供致します。

Merit/一括で依頼することのメリット

  • 複数の会社に依頼することの悩み
  • フロンティアコンサルティングベトナムなら

コミュニケーションコストがかさむ・・・

コミュニーケーションロスが抑えられる

日本人が窓口担当することにより、

スムーズなやりとりを実現

金額漏れによる追加コストがかさむ・・・

見積にコミット出来る

見積り作成や見積予測に漏れがあったとしても、

発注後の追加請求は一切いたしません。

(顧客の要望で仕様が変わった場合は除く)

各社からの納品物の品質担保を自社でしないといけない・・・

窓口になる人間がプロジェクトマネージャー(PM)として移転を管理

お客様の代わりに弊社PMが

すべての品質管理を行います

Advantage / フロンティアコンサルティングが選ばれる理由

私たちの年間売り上げのうち、50%以上はリピーターのかたのご利用によるものです。

新規でお問合せを頂いた際も、コンペで選んで頂ける確率は、70%を超えています。

  • Point 1

    経営課題解決に

    直接アプローチ出来る

    オフィス

  • Point 2

    コンセプトを

    カタチにする実現力

  • Point 3

    最適価格の見積

    コストカットを実現

Point 1 経営課題解決に直接アプローチ出来るオフィス

我々は徹底したヒアリングとして背景を読み取ることによって経営課題を浮き上がらせ、それをオフィス移転・デザインによって解決する「オフィスコンサルティング」企業です。

必要なのはオフィスをリニューアルすることにより達成される経営課題のあぶり出しです。

例えば、「社内コミュニーケーションの活性化」、「人材採用に強いオフィス」等です。

真の経営課題を把握してこそ、立地やデザインといった手段を選び、根本的な課題解決につなげます。

Point 2 コンセプトをカタチにする実現力

コンセプトメーキングから施工完了までをすべて一括完結出来る総合力で、高品質なオフィスコンサルティングを実現しました。

多くの業者では業者では、デザインはデザイン事務所、一般的な工事であればゼネコン、ネットワークであればネットワーク工事業者と、

したがって、伝言ゲームのように情報伝達の過程でコンセプトの共有が疎かになりがちです。

我々はお客様との窓口を1つに集約することで、オフィス関連業務に対して一括で対応するとともに 業務範囲によって請負業者が異なります。

コンセプトメーキングから施工完了までを一貫してカタチにすることが出来ます。

これは日本での11年間とベトナムでの5年間の豊富な経験とノウハウを蓄積したフロンティアコンサルティング ベトナムだからこそ可能となっています。

Point 3 最適価格の見積コストカットを実現

社内での施工管理体制を見直し、ムダ、オーバースペックを排除すると同時に

ベトナム国内で調達出来る物を最大限利用することで、最適価格でのサービス提供を可能にします。


デザイン会社やゼネコン、ネットワーク工事会社等、複数の業者に依頼すると、マージンが複数掛かってしまい、

また、それによりコミュニーケーションロスも発生してしまいます。

しかしながら、弊社ではすべての業務を一括で請け負う事により、コストカットに繋がります。

また、副次的な効果としてすべてのプロセスへの責任も弊社で請け負えるというメリットも発生します。

我々は徹底したヒアリングとして背景を読み取ることによって経営課題を浮き上がらせ、それをオフィス移転・デザインによって解決する「オフィスコンサルティング」企業です。

必要なのはオフィスをリニューアルすることにより達成される経営課題のあぶり出しです。

例えば、「社内コミュニーケーションの活性化」、「人材採用に強いオフィス」等です。

真の経営課題を把握してこそ、立地やデザインといった手段を選び、根本的な課題解決につなげます。

提案内容 :

経営課題解決のための戦略的な提案

運用まで鑑みたオフィス提案

経営者の個性とビジョン、そして社員の働きやすさを融合させて、一つのデザインコンセプトに束ねる。これは弊社の特徴であり、強み。

スタンス :

潜在的なニーズのあぶり出しにより諸問題を解決

じっくりと時間をかけてニーズを探る、ニーズを正しく把握するために、ヒアリングに時間をかける

我々は徹底的なリサーチと豊富なノウハウによって、ベトナムで出来る最善のソリューションを提供する企業です

施工事例 /ポートフォリオ:施工事例のご案内

PM・CM工事サービスの実績をご覧いただけます。

Office-relocation

customer case ja 02 - Category オフィス移転

this is excerpt 01 オフィス移転 case ja 02 this is excerpt 02 オフィス移転 case ja 02

お客様の声 /インタビュー:お客様の声と共にご紹介

PM・CM工事サービスの実績をご覧いただけます。

Q and A /よくある質問

オフィス移転をするには、どれくらいの準備期間が必要ですか?
半年前からの準備をお薦めいたします。 一般的に我々の顧客は日本資本の会社になりますが、物件選定、本社からの計画承認、予算承認、そして、社内でのマスタープランの策定等があります。こちらが予想以上に時間が掛かる場合は、その後のオフィスデザイン、内装工事、見積内容の調整に十分な事件が割けなくなってしまう可能性があるためです。
工事規模によりますが、物件選定後のプランニング・デザイン期間には通常1〜2ヶ月掛かり、工事準備に2週間程、施工期間として1ヶ月から2ヶ月ほど掛かる場合も多いからです。
移転を検討されている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。全体スケジュールを俯瞰するための最適なアドバイスをいたします。
オフィス移転では総額どのくらいの費用がかかりますか?
ご希望の内容により金額が大きく異なりますので、弊社のスタッフがお伺いし、 ご希望を詳しく聞かせて頂いた後に金額を算出させていただきます。
ご予算の関係で希望されている物件やデザインを見切られる前に、弊社にご相談ください。 担当のスタッフが工夫と知恵を使って、ご希望実現の為に調整をいたします。
現在のオフィスを解約する際は、管理会社にどのくらい前に通知すればよいでしょうか?
一般的には3ヶ月前の書面での通知が必要になります。
しかしながら、こちらは現在入居しているビルとの契約にもよりますので 契約書の内容確認が必要となります。
また注意として、契約が満了していない場合には違約金の支払が発生する場合もありますので 伏せてご確認ください。

Division/担当事業部のご紹介

Sales Divisionは、オフィス移転におけるオフィスの設計、コンストラクションマネジメント(CM)、プロジェクトマネジメント(PM)からデザイン、工事の実施から什器手配まで、すべてを一括して請負います。

移転業務の場合には現在入居しているビルとの原状回復工事の義務も発生いたします。移転元・移転先両方のビルで発生するすべてのプロセスを管理することにより移転に関わる一切合切の責任を負うことが出来るようになります。

Service/サービス一覧:フロンティアコンサルティングの事業をご紹介

オフィス移転

組織の個性を引出し、企業戦略やブランディングへ繋がるご提案を致します。

オフィス内装

日本人監修の元、現場・工程・予算管理を行い、提案と違わない施工を実現します。

原状回復工事

1000件以上の豊富な実績をもとに、「オフィスの原状回復工事」に特化したサービスをご提案しております。

ITソリューション

効率化・生産性の向上保守サポート・コンサルティングまで全て対応致します。

PM/CM工事

豊富な実績と確かな経験を元に、オフィスの構築をお客様目線でサポート致します。

新規進出サポート

新規進出に必要な、会社設立から人材採用までのサポートを無料で行います。

to-top